Oゲージの買取のコツ

未分類

鉄道模型鉄道模型を手放そうとした時、オークションや買取など様々な方法があります。その中で重要になってくるのが規格です。日本の鉄道模型市場で最もポピュラーな規格はNゲージで高い人気を誇っています。一方で、かなり大型のOゲージは狭い日本の住宅事情では保管場所などの問題などから市場に多く出回っていません。そのためオークションなどに出品しても買い手が付かないケースがあるようです。しかし、大型で迫力があるOゲージならではの魅力もあるため、買取に出してみることをお勧めします

Oゲージを買取に出すときに重要なポイントは、その価値を理解して査定できるスタッフがいる店舗を選ぶという点にあります。日本国内での流通量が少ないため、なかなか査定するのが難しい商品ではありますが、しっかりとした知識をもっていないスタッフによって査定されると、その価値を理解しないまま買い叩かれてしまうことがあります。

また、できるだけ箱や説明書などの付属品をできるだけ揃えた状態で査定してもらうことも重要です。小さな付属品も多いですが、全て揃っているか確認してから査定してもらいましょう。汚れやホコリが溜まっている場合は壊さない程度に掃除をしておくことも大切です。動かない場合には価格が下がる為、動作確認を行ってから出すようにしましょう。

『参考サイト』買取コレクター / 鉄道模型Oゲージ買取

Oゲージとは

未分類

模型鉄道模型の趣味を始める上で、重要になってくるのが「ゲージ」です。鉄道模型とは、簡単に言えば鉄道のミニチュアモデルのことです。縮尺や走らせる線路の幅を示すゲージが違うだけで作られる世界観は全く変わってくるところも鉄道模型の面白さの1つと言えるでしょう。鉄道模型のゲージには日本で最もポピュラーな「Nゲージ」や、最小クラスの「Zゲージ」など様々な種類がありますが、こちらでは「Oゲージ」の特徴について紹介します

Oゲージは1900年代頃に登場したゲージで、イギリスでは1/43.5、アメリカでは1/48が普及しており、線路幅が32ミリのものを示します。日本ではよりコンパクトなNゲージが主流ですが、Oゲージは欧米で人気の高いゲージで、細かい部分をじっくり楽しめて迫力があるとして親しまれています。また、世界基準の線路幅(1435mm)ではなく、日本で主流となっている線路幅(1067mm)に合わせて縮尺1/45で作った24ミリゲージの「OJゲージ」というものもあります。

その他に、Oゲージの半分のサイズである1/87スケール、線路幅16.5ミリのHOゲージという種類のゲージもあります。第二次世界大戦以前、ヨーロッパではOゲージが主流だったものの、大戦後はその人気がより小型化されたHOゲージへと移行していき、現在では世界的に見てもHOゲージが人気の中心となっているようです。

鉄道模型の人気

未分類

車掌身近な交通手段として私たちの生活を支えている鉄道は、通勤や通学を支える足としての役割だけでなく、旅を豊かに思い出深い物にしてくれる存在です。鉄道の人気は裾野が広く、コアなファンの人口はおよそ2万人、ライトなファンまで含めるとその人口は200万人にも及ぶと考えられています。

鉄道の人気の中でも、特にある分野に特化して好む人たちも大勢います。列車や路線に乗ることを楽しんだり、全線踏破を目指したりする人のことを「乗り鉄」、車両や鉄道関連の写真撮影を楽しむ人のことを「撮り鉄」、また電車のそう高温や車内アナウンスを聞いたり録音して楽しむ「音鉄」などそれぞれ独特のスタイルを持って楽しんでいます

中でも鉄道模型を作ったり走らせたりして楽しんでいるのが「模型鉄」と呼ばれる人たちです。ある調査では、日本の鉄道模型ファンの人口はおよそ67万人にのぼり、30代、40代だけでなく20代の若者たちの間にもファン層が広がっているそうです。鉄道模型にはNゲージやOゲージなど、縮尺とゲージの違いによって様々な種類があり、自分の好みに合わせた世界を構築することが可能です。

鉄道模型は愛好者も多く、長く楽しむことができる趣味ではありますが、様々な事情で手放さなければならなくなったという人もいるでしょう。もし鉄道模型のコレクションを手放さなければならなくなった時には、買取に出すことをお勧めします。当サイトでは鉄道模型を買い取りに出すときに気をつけたいことなどを紹介しています。